« 4月28日 新座市滝見観音堂 唐子正定師提唱 | トップページ | 縁結びに!家庭円満に!刑務所に愛の手を!世界平和に!マタニティーだけではもったいない、「モーツァルト」 »

2013年5月 3日 (金)

(クリスチャン)必見!イエス・キリストの死、復活その真偽に決着!

イエス・キリストが復活した、と言うことを「ありえねー」と言う方が、見ていない人から出てくる。2000年経った今でも(?)そうだ。

しかし!おかしいではないだろうか。十字架にかかって6時間位で亡くなったことになっている。本当だろうか。

20世紀末、「臨死体験」がよく取り沙汰され、今では別段珍しいことではなくなったようですが、イエス・キリストも、或いはそうだったのではないでしょうか。復活の後、弟子の某にわき腹の傷を触らせたりして、そのままであったようですから、生まれ変わった訳ではないようですし、まして、イエスの弟にイエスの霊が取り付いた訳でもないのではないでしょうか。

イエスが十字架で死んだのは、仮死状態だったように思います。その後起きたと言う大きな地割れのショックが、心臓にAEDのように作用したのではないでしょうか。・・・そして、その頃、生死を彷徨っていたイエスは、何かしら神秘体験をしていたのではないでしょうか。・・・まあ、教学というよりは、フィクションに近いかもしれませんね。

« 4月28日 新座市滝見観音堂 唐子正定師提唱 | トップページ | 縁結びに!家庭円満に!刑務所に愛の手を!世界平和に!マタニティーだけではもったいない、「モーツァルト」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

« 4月28日 新座市滝見観音堂 唐子正定師提唱 | トップページ | 縁結びに!家庭円満に!刑務所に愛の手を!世界平和に!マタニティーだけではもったいない、「モーツァルト」 »